【木村和久連載】世界のファンが本当に望む、五輪のゴルフコースとは?

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第96回

 東京オリンピックの『ゴルフ会場問題』が佳境を迎え、当初の予定どおり霞ヶ関カンツリー倶楽部(埼玉県)で決まるのか、はたまたどんでん返しがあって若洲ゴルフリンクス(東京都)に変更されるのか、手に"クラブ"を握る展開となってきました。

 テレビや新聞などでは、ふたつのコースをアクセスや収容人員、コースの規格などで比較していますが、正直言って、どっちもどっち、という感じです。それでも、霞ヶ関CCのほうが日本を代表するチャンピオンコースだと思いますが、ある人たちにとって、それはどうでもいいことなのです。

 その、ある人たちとはいったい誰か?

 それは、オリンピックのゴルフ中継を見る、視聴者のことを指します。特に、欧米の方々ですね。多くのオリンピック視聴者は、テレビ中継を見て、単純にエキサイトしたがっているだけです。

 じゃあ、どうやったらゴルフ競技を興奮して見ることができるのか?

 それは、視聴者と選手が難易度を共有し、一緒になって感動を味わえるかどうかが重要です。具体的に言うと、誰が見てもスリリングだとわかる、ウォーターハザードなどの巧みな配置です。

「580ヤードのロングホール。残り260ヤード、池越えで2オンなるかぁ〜!」

 こうした実況が聞かれる状況なら、非常にワクワクします。

この記事の続きを読む

1