「マイアミの奇跡」伊東輝悦は、まだ現役。鉄人の挑戦は終わらない

  1996年のアトランタ五輪でブラジルを撃破して世界中を驚かせた、いわゆる『マイアミの奇跡』。そのとき、決勝点を叩き込んだ元日本代表MFの伊東輝悦(42歳)が、今季J3に昇格したアスルクラロ沼津でプレーする。

 全国制覇を果たした清水FC(静岡県)の得点源として、小学生の頃から注目を浴びてきた伊東。名門・東海大一高(現東海大翔洋高)を卒業後、地元のJ1清水エスパルスに入団し、18年間チームの主力として活躍してきた。その後、2011年にJ1ヴァンフォーレ甲府に移籍。以降は、 J3のAC長野パルセイロ、同ブラウブリッツ秋田と渡り歩いて、今季から再び生まれ育った静岡のクラブに戻ってきた。

 かつては「鉄人」と呼ばれ、2011年には当時史上初となるJ1通算500試合出場を達成した。しかし、40歳に近づいてきた数年前から出場機会は徐々に減少。そして40歳となって、長野で2年目の2015年は3試合、秋田でプレーした昨季は2試合しかピッチに立っていない。

 そうした厳しい状況にあって、周囲からは「引退」という声も囁かれていたが、そんな雑音など気にすることなく、伊東は今季も現役続行を決めた。

この記事の続きを読む

1