本田圭佑は毒か薬か。「落選リスク」を回避したハリルホジッチの思惑

 結局、W杯最終予選UAE戦の25人の代表メンバーに招集された本田圭佑。ハリルホジッチとの関係から想起するのは、岡田武史元日本代表監督と三浦知良との関係だ。1998年フランスW杯。岡田サンはその本大会直前になってカズをメンバーから外した。

 19年経っても風化することのない、日本サッカー史に残るこの事件。岡田サンを悪く言う人の方が多数派だ。しかし、カズの調子はその時に至るまで、限りなく低調だった。こちらには「岡田監督はカズをまだ使い続ける気か」と原稿に書いた記憶がある。

 最後の最後、しかも現地で行なった直前合宿後にカズを日本に帰国させたことは、それまでの彼の功績を考えれば、礼を欠く行為になる。そのタイミングは誤りだが、外すという判断は正しかったと、いまでも思っている。

 フランスW杯本大会が迫るにつれ、カズのプレーは悪化していった。これは事実だ。その姿と重なるのが、いまの本田なのだ。ミランで出ている、出てないより、遙かに重要な問題だ。プレーそのものがよくない。よくなる気配を感じない。ロシアW杯が始まる2018年6月から逆算すれば、このあたりが限界。これ以上引っ張らないほうが日本のため。そう思う。

この記事の続きを読む

1