絶好調で日本代表へ。「中盤・香川真司」が気の利いたプレーを連発

 ブンデスリーガ第25節ドルトムント対インゴルシュタット。W杯予選前の最後のリーグ戦で香川真司はフル出場を果たした。第24節ヘルタ・ベルリン戦、ドイツ杯準々決勝ロッテ戦、そしてインゴルシュタット戦と、実に中2日で3試合連続のフル出場だ。今季の香川は出場機会が極端に減り、今年に入ってからのフル出場は第17節ブレーメン戦のみだった。一気に状況が変わったというわけだ。

「いや、もうきつすぎて、やばかったですね。内容もなかったので、試合後の疲労感はなかなかすごかった。あとは勝ってホッとした......そこが一番大きかったですね」

 疲労感と反省を口にしながらも、充実感がにじみ出るのを隠さなかった。

 この日、香川は前半14分に先制点の起点になった。後方からパスを受けると相手のチェックをターンでかわし、前線に縦パスを送る。左SBのマルセル・シュメルツァーが中央へクロス。最後はオーバメヤンが左足で合わせた。

「相手も食いついてきてるなと思っていたので、うまくターンできましたし、そこから流れでうまく崩せたと思います。いいゴールだったと思います」

 納得のゴールシーンだった。ただし試合はその後、苦戦する。相手の激しい寄せに苦しみ、狙いのはっきりしたカウンターに最終ラインがミスを繰り返し、いくつもチャンスを作られた。だが、なんとかしのぎ切って1−0の勝利で試合を終えた。

この記事の続きを読む

1