悪くはないが......。アルビレックス新潟はやっぱり「降格候補」なのか

 悪くない。

 今季のアルビレックス新潟を見た、率直な印象である。

 新潟はJ1第4節を終えた時点で2分け2敗の勝ち点2と、いまだ勝ちがない。同じく未勝利の大宮アルディージャ(4敗)、サンフレッチェ広島(1分け3敗)を辛うじて上回っているものの、順位はJ2降格圏の16位にある。

 昨季の新潟は15位でギリギリのJ1残留を果たしたが、勝ち点のうえではJ2に降格した16位の名古屋グランパスと並ぶ30。今季の新潟を降格候補と見る向きが多いなか、残念だが、結果は前評判どおりのシーズン序盤となっている。

 しかし、そうした数字から想像するほど、試合内容は悪くない。

 第4節横浜F・マリノス戦にしても、敵地に乗り込んで1−1の引き分け。先制を許し、さらに追加点のピンチが続きながらも、そのなかで同点に追いつき、引き分けに持ち込んだものだ。

 新潟の三浦文丈監督が語る。

「拮抗した試合のなかで先制点を取られてしまったが、チームがブレることなく、粘り強く守備の構築を続けてくれて、ワンチャンスを生かして同点にした。後半も押し込まれる時間はあったが、何とかしのいで勝ち点1を挙げられた」

 今季から指揮を執る新監督のコメントにもあるように、今の新潟を支えているのは「粘り強い守備」である。

この記事の続きを読む

1