本田真凜は連覇ならずもパーフェクト。涙の向こうに「大きな目標」

 3月15日から台湾・台北で開催されたフィギュアスケートの世界ジュニア選手権。シニア顔負けのハイレベルな戦いが繰り広げられた女子の主役は、昨年12月のジュニアグランプリ(GP)ファイナルを制したアリーナ・ザギトワ(ロシア)と、世界ジュニアの前回大会覇者である本田真凜だった。

 ショートプログラム(SP)では、第5グループで滑ったザギトワが完璧な演技をして70.58点を獲得。それでも本人は、GPファイナルを0.34点下回る得点に少し不満げな表情も見せた。

 それに対して、最終第8グループの最終滑走者だった本田は、最初のレイバックスピンがレベル3になる取りこぼしがあったものの、 ほぼノーミスの演技で自己最高の68.35点を獲得。ザギトワに次ぐ2位につけた本田は、納得の表情で自分の演技をこう振り返った。

「大会の1カ月前から緊張していたんですけど、昨日、濱田先生に『去年優勝をしているからといって、ひとりだけハンディをもらえるわけじゃない。みんな同じ立場からの勝負だから、自分だけ特別だと思わないようにしよう』と言われてから緊張がなくなりました。

 こっちへ来てからメインリンクでの調整が一度しかなくて、サブリンクの練習では調子が悪いときもありました。でも、(メインとサブで)氷(の状態)が全然違うので、サブで仕上げ過ぎないようにしようと思って、自分の中で調整できていたので、本番に合わせられてよかったです」

この記事の続きを読む

1