レスターを蘇らせた岡崎慎司の雑草魂。次は日本代表を救えるか

 レスター・シティの岡崎慎司が、W杯アジア最終予選・UAE戦の行なわれるアルアインへ旅立った。

 代表戦直前の3月18日には、プレミアリーグ第28節のウェストハム・ユナイテッド戦で先発。公式戦4試合連続の先発出場を果たし、3−2の勝利に貢献した。また、出口の見えないトンネルに入っていたレスターとしても、これで公式戦4連勝。岡崎は気持ちよく決戦の地へ向かった。

 振り返ってみると、日本代表FWの立ち位置はこの1ヵ月で劇的に変わった。

 転機となったのは、クラウディオ・ラニエリ監督の解任。それまでベンチ要員に成り下がり、出場機会は限定的であった。実際、解任までの公式戦10試合を紐解くと、先発数は半数以下の「4試合」。このうちの2試合はクラブとして優先順位の落ちるFAカップでの先発で、まったく出番を与えられなかったのは4試合にのぼった。

「今のところ打開策を見つけられていない」(1月22日/第22節サウサンプトン戦)、「難しい時期に差しかかってきている」(1月31日/第23節バーンリーFC戦)と、本人も出番を与えられない現状に難しさ、もどかしさを吐露していた。客観的に見ても、この時期の岡崎はラニエリ前監督の構想から外れていたように思う。

この記事の続きを読む

1