明徳義塾・馬淵監督が詳しく語る「松井の5連続敬遠と清宮への対策」

 3月10日に行なわれたセンバツの抽選会でのこと。大会5日目の第2試合で早稲田実業(東京)の相手が明徳義塾(高知)に決まると、大勢詰め掛けていた報道陣がざわついた。

 その理由は、今から25年前の夏の甲子園。明徳義塾は2回戦で超高校級スラッガー・松井秀喜を擁する星稜と対戦。その松井封じのために明徳義塾・馬淵史郎監督が考えたのが "5打席連続敬遠"だった。「松井との勝負を避けて、後続で打ち取る」という作戦が見事にはまり、明徳義塾が勝利。そして今年のセンバツ。一身に注目を集めているのが早実の超高校級スラッガー・清宮幸太郎だ。はたして、その清宮に対して馬淵監督はどんな作戦で封じにかかるのだろうか。

 抽選会終了後、組み合わせごとに行なわれる両チームの監督と主将の取材は、報道陣の多さを考慮して、このカードのみ別室ですることになった。馬淵監督と早実・和泉実監督がパイブ椅子に横並びに座り取材が始まったが、会見は終始、馬淵監督のペースで進んでいった。

「初戦が早実さんでよかった。優勝候補やから。これで負けても、『早実に勝ってたら、ウチらももしかしたら......』と言い訳ができる(笑)。どうせ当たるなら、初戦がいちばん力の差が出ないし、そういう意味でもよかった」

 そして清宮対策への話になり、ある記者が「馬淵監督と強打者といえば、松井さんと......」と言うと、馬淵監督は「聞かれると思ったわ。場合によっては敬遠しますよ」と答え、こう続けた。

この記事の続きを読む

1