関取ゼロの高砂部屋を救った朝乃山は、亡き恩師の思いを胸に戦う

 連日、満員札止めの盛況が続く大相撲春場所。新横綱の稀勢の里が期待通りの活躍を見せている浪速の土俵で、新たなスター候補が現れた。新十両の朝乃山(23歳・高砂部屋)だ。富山商業高校から近畿大学に進み、昨年の春場所に三段目付け出しで初土俵を踏んでから、わずか1年で関取に駆け上がった。

 高砂部屋は明治11年の創設以来、139年にわたって番付に十両以上の関取がいたが、今年の初場所で初めて関取が不在となってしまった。朝乃山は、その名門部屋の苦境をわずか1場所で救ったことになる。スピード出世でまだマゲが結えないザンバラ髪のホープは、亡き恩師の遺言を胸に刻んで土俵に上がっている。

 西幕下7枚目で迎えた今年の初場所の前に、朝乃山は高校時代の相撲部監督である浦山英樹さんへ「優勝するから元気になってください」とLINEメッセージを送ったという。その時、浦山さんは、がんの闘病中で床に臥せっていた。東幕下14枚目だった昨年の九州場所でも、同じように十両昇進へ全勝優勝を誓ったが、勇み足で土がつくなど2敗を喫して昇進を逃していたため、あらためての決意表明だった。

 年末に帰省した際、浦山さんはわざわざ朝乃山と会うために病院から自宅に戻り、「優勝を目指して頑張ってくれ」と激励した。「先生はやせてつらそうでしたが、自分のために時間を取っていただいた」という恩師を元気づけるため、そして、九州場所で味わった悔しい思いを晴らすために発奮し、初場所13日目に7戦全勝で優勝を果たして十両昇進を決めた。

この記事の続きを読む

1