ルーキー神野大地の1年。「やりたかったことは85%達成できた」

【神野大地インタビュー・前編】
 箱根駅伝から数々のヒーローが飛び出したが、学生時代の輝きがまぶしすぎると、実業団ではどうしても色あせて映ってしまう。だが、この選手の場合はグリーンからブラックへ、新たなユニフォーム姿がすっかり定着したように見えるのは、それだけ活躍した証(あかし)でもある。

 ルーキーイヤーを終えた神野大地(コニカミノルタ)は、この1年間を振り返り、「自分がやりたかったことの85%は達成できたと思います」と話し始めた。

「1年目に関しては、ハーフと30kmを冬に予定していました。そのなかで、まずはトラックで自己ベストを更新して、駅伝では主要区間を走って、チームに貢献することを目標に掲げていたんです。5000mと1万mは自己ベストが出ましたし、駅伝でも東日本とニューイヤーはともに最長区間を任させていただき、そこでも最低限の走りはできたかなと思っています」

 大学時代の自己ベストは、5000mが14分04秒58で1万mが28分41秒48だったが、卒業直後の4月に5000mを14分02秒49で走ると、5月の1万mでも28分37秒71の自己ベストを出す。さらに7月には、1万mで28分17秒54をマークして、大学時代の記録を20秒以上も短縮した。

 入社前は「自分の力では駅伝メンバーに入るのも難しいんじゃないか」と感じていたものの、実業団駅伝ではエース区間に抜擢される。11月の東日本は2区で区間3位、元日のニューイヤー駅伝は4区で区間7位と結果を残した。

この記事の続きを読む

1