必勝を期すUAE戦。しかし2つのデータが導く結果は「ドロー」だ

 まもなく再開される2018年ロシアW杯アジア最終予選。日本が属するグループBは、前半戦を終了して上位4カ国が勝ち点1差以内にひしめく大混戦となっている。アジア最終予選が現行方式になった1998年W杯予選以降、折り返し時点でこれほどの接戦になったことはない。上位2枠の出場枠(3位チームはプレーオフへ)をめぐって、前例のない激戦となっている。

【W杯アジア最終予選 グループB順位表】(2017年3月21日時点)
           勝ち点 勝ち 分け 負け 得点 失点
1位 サウジアラビア  10  3  1  1  9  5
2位 日本       10  3  1  1  8  5
3位 オーストラリア  9  2  3  0  8  5
4位 UAE      9  3  0  2  7  6
5位 イラク      3  1  0  4  6  8
6位 タイ       1  0  1  4  3  12
 予選再開後、日本が最初に対戦するのは、因縁の相手となるUAE(現地時間3月23日)だ。UAEといえば、今回の最終予選初戦で、それもホームで敗れた(1−2)ことは記憶に新しい。

 W杯予選において、日本が同一国に連敗したのは、1986年メキシコW杯予選まで遡(さかのぼ)る。相手は韓国だった。当然、32年ぶりとなる屈辱をここで味わうわけにはいかない。

この記事の続きを読む

1