高度な英語力と経験値。吉田麻也のキャプテンシーは長谷部に劣らない

 日本代表にとって昨年のラストゲームは、11月15日のW杯アジア最終予選・サウジアラビア戦だった。当時サウサンプトンで「準レギュラー扱い」だった吉田麻也は、この4ヵ月の間に「センターバック(CB)のレギュラー」へと昇格した。

 プレミアリーグでは9試合連続で先発フル出場し、FAカップとリーグカップを加えた全公式戦でも、1月からの14試合中13試合で先発フル出場を果たした。欠場した1試合についても、クラブの優先順位が落ちるFAカップ4回戦(アーセナル戦)で、言わば「温存」された格好だ。

 また、快進撃を続けたリーグカップではリバプールとの準決勝、マンチェスター・ユナイテッドとの決勝というビッグマッチを経験した。マンチェスター・Uとのファイナルでは、元スウェーデン代表FWのズラタン・イブラヒモビッチや、フランス代表FWのアントニー・マルシャルと対峙。マンチェスター・Uに惜敗してタイトルには手が届かなかったが、リーグ戦とは異なる「やるか、やられるか」の一発勝負を戦い抜いた。

 こうしたしびれるほどの緊張感が漂うビッグマッチと、ワールドクラスのストライカーとのマッチアップ。イングランドで試合と経験を重ねたこの4ヵ月間は、吉田にとって大きな転機であり、充実度の高い飛躍の期間でもあったのだ。今や、サウサンプトンにとって吉田は欠かせない存在になった。

この記事の続きを読む

1