今季のMoto2とMoto3を戦う、日本人ライダー5人の決意

 いよいよ今週末、2017年シーズンのMotoGPが開幕する。今年は中排気量のMoto2クラスと小排気量のMoto3クラスに、計5名の日本人選手が参戦する。レースウィークの走行に先立ち、彼らの横顔を簡単に紹介しておこう。

 Moto2クラスには、中上貴晶(なかがみ・たかあき/IDEMITSU Honda Team Asia)と長島哲太(ながしま・てつた/TELURU SAG Team)の2名。この2月に25歳の誕生日を迎えた中上は、今年6年目のMoto2シーズンを迎える。昨年はオランダGPの優勝を含め、4戦で表彰台を獲得してランキング6位。開幕戦の地、カタールのロサイル・インターナショナル・サーキットで行なわれた最終プレシーズンテストは悪天候に翻弄されて、スケジュールを十分に消化しきれない3日間になったが、その悪条件でも中上は総合トップタイムでテストを締めくくった。

「初日は雨で1周もできず、2日目はコンディション的にまずまずだったので、セットアップを進めて着実に更新できました。3日目は最初からすごく風が強くて、やがて雷雨になったのであまり意義のある走行にはなりませんでしたが、そんななかで総合トップでテストを終えたのは気分がいいし、いい状態で開幕戦を迎えられるので楽しみです」

この記事の続きを読む

1