UAE戦のキーマン、原口元気が語った日本サッカーへのリスペクト

■竹内由恵 たけうっちタイムス■

 ロシアW杯のアジア地区最終予選で、グループBの2位(勝ち点10)につける日本代表は、同グループ4位(勝ち点9)のUAE戦、6位(勝ち点1)のタイ戦と2試合が続きます。特に、3月23日にアウェーで行なわれるUAE代表との試合は、昨年9月に喫した敗北の雪辱を果たすと同時に、W杯出場の行方を大きく左右する非常に重要な一戦です。

 3月16日に2連戦を戦う日本代表メンバーが発表されましたが、その中でキーマンとして期待されているのが、現在、W杯最終予選で4試合連続ゴールを記録している原口元気選手です。

 原口選手は、所属するブンデスリーガ1部のヘルタ・ベルリンでも、ほぼすべての試合に出場中。クラブで出場機会を得ている選手を積極的に起用する方針のハリルホジッチ監督にとって、原口選手への信頼はさらに大きくなっているはずです。

 クラブでも代表でも活躍を続ける原口選手は、2年半ほど前から体幹トレーニングに力を入れることで、スピードの強化に取り組んでいるといいます。ただ単にスピードアップを追求するだけではなく、「止まる」「後方に下がる」といった動作も考慮して、90分間走り続けてもプレーの質が落ちない身体づくりを目標にトレーニングを積んでいるのです。

 世界トップのサッカーを見た時に「スピードのある選手は決定的なプレーをしている」と考え、走力を強化している原口選手。その走りは、W杯最終予選の日本代表でのプレーでもチームを活性化しています。豊富な運動量で長い距離を走り続け、ゴールを決める。原口選手が理想とするプレーに近づいているのではないでしょうか。

この記事の続きを読む

1