川島永嗣「試合には出たい。ただ日本代表に関われるのは光栄なこと」

 W杯アジア最終予選UAE戦は間違いなく最も重要な一戦となる。UAEはホームでの初戦で敗れている相手。さらにここにきて主将の長谷部誠が負傷離脱を余儀なくされた。ホームで行なわれるタイ戦を含め、本大会までを見据えるうえでも大きなターニングポイントとなる2連戦になりそうだ。

 決戦を目前にした今、若手や中堅クラスの活躍が期待される一方で、ベテランが底力を見せるべき時でもある。川島永嗣はベテランとして、たとえピッチに立たなくてもチームを支える役割を期待されている。

 川島はスコットランドリーグのダンディを昨季限りで退団、今季はフランス1部リーグのメスでプレーしている。といっても当初は第3GKとしての獲得。それが現在は第2GKの座を争う立場に"昇格"している。2試合連続でトップチームのベンチに入り、2試合連続でリザーブチームの試合に出る......というサイクルでチャンスをうかがっている。1月のフランス杯では公式戦初出場を果たしたが、2部のランスに0−2で敗れ、その後出場機会を得られてはいない。

 厳しい状況を理解したうえでメスにやってきたのには理由があった。

この記事の続きを読む

1