桜花賞馬レッツゴードンキは、 高松宮記念でもうひと花咲かせられるか

 3月26日に春の短距離王決定戦・GI高松宮記念(中京・芝1200m)が行なわれる。ビッグアーサーやダンスディレクターの戦線離脱で混戦模様となっており、どの馬にもチャンスがあると見られている。当初は回避の意向もあったレッツゴードンキ(牝5歳/栗東・梅田智之厩舎)も、ここに照準を定めてきた。上位人気も見込まれる同馬をさまざまなアプローチで分析してみよう。

【距離】
 今回のレッツゴードンキについて、最大のポイントとなるのは距離適性だろう。同馬はこれまで19戦を走り、新馬戦(札幌・芝1800m)、GI桜花賞(阪神・芝1600m)、そして前走のGIII京都牝馬ステークス(京都・芝1400m)の3勝を挙げている。芝1200mは4戦して、高松宮記念(中京)8着、GIII函館スプリントステークス(函館)3着、GIIIキーンランドカップ(札幌)3着、GIスプリンターズステークス(中山)9着と勝利はない。

 ただ、昨年の高松宮記念は直線の勝負どころで挟まれて追えず不完全燃焼であったし、スプリンターズステークスはスタート直後に他馬と接触して位置取りが悪くなってしまったものの、上がり3ハロン32秒9のメンバー中最速タイムを出すなど、GIレースでもいい脚を見せていた。GIIIの2戦も勝ち馬から約1馬身(0秒2)差の僅差。展開ひとつで逆転できるはずだ。

■結論
 展開次第だが、勝利する可能性は十分。

この記事の続きを読む

1