傑作か? 失敗作か? 今季のF1参戦10チーム&マシンを一挙公開

 今週末、待ちに待った2017シーズンのF1世界選手権が幕を開ける。初戦の地はオーストラリア・メルボルン。バルセロナでの合同テストを終えたニューマシンがどこまで仕上がっているのか、期待が膨らんだり、不安が募ったり。開幕前に、参戦する10チームのニューマシンとともに今季の参戦体制をチェックしておこう。

※紹介順は昨年のコンストラクターズ・ランキング上位から。年齢は3月23日現在。

メルセデス・F1 W08 EQ Power+(1)メルセデスAMG
【ドライバー】ルイス・ハミルトン(32歳・イギリス)/バルテリ・ボッタス(27歳・フィンランド)

 絶対王者メルセデスAMGは、パワーユニットが現行規定となった2014年から3年連続でドライバーズ&コンストラクターズの両タイトルを独占し続けている。

 2010年のF1復帰の際に母体となったのは、かつてBARやホンダ、ブラウンGPとして活動していた英国ブラックリーのチーム。現在も多くのスタッフがそのまま在籍している。その技術面を束ねてきた大物技術者パディ・ロウ(現ウイリアムズ最高技術責任者)は昨年末に離脱したが、フェラーリからジェームズ・アリソンを獲得して体制の再強化を図っている。チームの運営面では、ビジネスマンとして成功を収めたトト・ウォルフと往年の名手ニキ・ラウダが指揮を執り、これまでに何度もチームメイト同士の確執など難しい局面を切り抜けてきた。

 昨年王者となったニコ・ロズベルグがその5日後に電撃引退を決めて衝撃が走ったが、その後任として、ウォルフが若手時代から面倒を見てきたフィンランドの有望株バルテリ・ボッタスを獲得。王座奪還に燃えるルイス・ハミルトンとの間でどのような戦いを見せるのか、注目を集めている。

この記事の続きを読む

1