高松宮記念は2着が荒れる。 過去の波乱とドンピシャな穴馬が3頭いた

 GI4週連続開催の口火を切る、GI高松宮記念(3月26日/中京・芝1200m)。スピード自慢による6ハロンの頂上決戦は、「本命不在」の混戦模様となっている。

 というのも、昨年の覇者ビッグアーサーが回避し、昨年の2着馬で、昨秋のGIスプリンターズS(2016年10月2日/中山・芝1200m)でも2着だったミッキーアイルが引退するなど、多くの実績馬が出走しなくなったからだ。そのため、「やや低レベルの争い」とも言われている。

 そうした状況の中、実績で見れば、昨秋のスプリンターズSを制したレッドファルクス(牡6歳)が1番手だろう。だが今回は、海外遠征で挑んだGI香港スプリント(2016年12月11日/香港・芝1200m)で12着と大敗を喫し、それ以来となる休み明け。その辺の影響がないとも限らない。

 GIIIオーシャンS(3月4日/中山・芝1200m)を制して臨むメラグラーナ(牝5歳)もスプリント戦を連勝して人気となりそうだが、GI初挑戦という"経験不足"が気にかかる。

 こうなると、波乱の決着となる予感が一層強くなってくる。そこで、過去の高松宮記念を振り返って、大駆けしそうな"穴馬"を探してみたい。

 過去10年の結果を見ると、勝ち馬については、わりと堅い決着となっている。1〜4番人気の有力馬が勝利しており、あっと驚く伏兵馬が金星を挙げたことはない。「混戦」とはいえ、今回も1着馬については、手堅く考えたほうがいいかもしれない。

この記事の続きを読む

1