ミス目立つ錦織圭。それでもコーチはマスターズ初制覇を「ある!」

 マイアミオープン3回戦で、第2シードの錦織圭(ATPランキング4位、3月20日付け、以下同)が、第25シードのフェルナンド・ベルダスコ(30位、スペイン)を、7−6(2)、(5)6−7、6−1で破り6年連続でベスト16入りを決めた。

 ただ、錦織自身ののプレーの波が激しい試合となった。

「長い試合になったので、もちろん彼(ベルダスコ)もいい時と悪い時があった。風もある中で、(ベルダスコの)トップスピンや重いボールになかなか対処できない時もあった。いろんな球種を交ぜられた分、簡単にはポイントを取り切れなかった場面も多かったですね」(錦織)

 ベルダスコの左利きフォアハンドストロークは、ヘビートップスピンがかかっているためコート上で高くバウンドし、ストロークのいい錦織をしてもボールをコントロールするのは容易(たやす)いことではなく、守勢に立たされる場面も多かった。

 第1セットでは錦織が4−1とリードしながら、ベルダスコに4−5と逆転された。第10ゲームをベルダスコのミスによって錦織がブレークバックして追いつき、何とかタイブレークを制してセットを先取した。

「もうちょっと集中力を持続させたかった」と反省した錦織は、第2セットも第3ゲームを先にブレークした。だが、錦織5−3の第9ゲームでマッチポイントを握ったものの、ベルダスコのサービスエースによってこれを逃すと、続くサービングフォアザマッチの第10ゲームで、錦織は5本のストロークミスを犯し、ブレークを許してしまう。さらにタイブレークでも、錦織が一時5−3とリードしながら、自らのストロークミスで逆転され、最後はベルダスコがストロークウィナーを叩き込んでセットオールとした。

この記事の続きを読む

1