ヴィブロスでドバイターフを制した「大魔神馬」。次はアメリカに照準

 砂漠の夜を日本から挑んだ4歳牝馬が切り裂いた。「大魔神」こと元メジャーリーガーの佐々木主浩氏の伝家の宝刀フォークを彷彿とさせる!? キレ味鋭い末脚が見事に決まった瞬間だった。

 現地時間3月25日夜、今年の国際競馬シーンの開幕を告げるドバイワールドカップが、アラブ首長国連邦ドバイのメイダン競馬場で行なわれた。例年どおりの開催だが、今年は昨年秋から始まった日本における海外大レースの馬券発売を受けて、ドバイターフ(芝1800m)、ドバイシーマクラシック(芝2410m)、ドバイワールドカップ(ダート2000m)の3競走が日本でも発売されるとあって、俄然注目度が高まっていた。

 馬券発売はなかったが、日本調教馬でまず見せ場を作ったのが、エピカリス(牡3歳)とアディラート(牡3歳)が出走した第4レースのGII UAEダービー(ダート1900m)だった。特に前者はデビュー以来ここまで4戦無敗で、初の海外遠征、初距離、さらに強力なライバルと超えなくてはならない壁が多い中、昨年優勝のラニ(牡4歳)に続くことを期待された。意外にも先手を取ったのはそのエピカリスで、アディラートが外から2番手につける。

この記事の続きを読む

1