「あらゆる準備をする」タイガー・ウッズ、マスターズ出場はあるのか

WEEKLY TOUR REPORT
■米ツアー・トピックス

「マスターズ出場に向けて、できることはすべてやる」

 アーノルド・パーマー招待(3月16日〜19日/フロリダ州)が終了した翌日の月曜日、タイガー・ウッズ(41歳/アメリカ)はニューヨークシティでそう語った。

「なんとしても出場したかったのに、残念でならない」と、ウッズは過去8度の勝利を挙げ、敬愛する亡きパーマー主催の大会を断腸の思いで欠場した。それも、マスターズ(4月6日〜9日/ジョージア州)出場をまだ諦めていないからだろう。

 そんなウッズだが、コース外では元気な姿を見せた。『The 1997 Masters・My Story(1997年マスターズ・マイストーリー)』という自身の著書を出版。そのプロモーションのため、ニューヨークシティでテレビ出演や書店でのサイン会などを行なっていたのだ。

 ウッズの強気な言葉とは裏腹に、周囲では「復帰は絶望的」という意見が大勢を占めている。少なくとも、あと2週間後に迫ったマスターズでの復帰はありえない――そうしたムードがゴルフ界全体に漂っている。

この記事の続きを読む

1