ドラフト1位は清宮と安田だけか?スカウトが語るセンバツの逸材

 異口同音とは、このことを言うのだろう。今大会に出場した新3年生の注目選手について、どのプロ野球のスカウトに聞いても同じ答えが返ってきた。

「清宮と安田しかいないでしょう」

 スカウトたちが絶賛したのは、早稲田実のスラッガー・清宮幸太郎と、履正社の4番・安田尚憲だ。特に清宮は、すべてのスカウトが「ドラフト1位確定」と太鼓判を押すなど、文句なしの大会ナンバーワン選手。

「すべてにおいてスケールアップしている。パワーだけじゃなく、技術もついてきた。スイングスピードもすごい。完成度は大卒でプロ入りした吉田正尚(オリックス)の大学4年時より上でしょう。大人が金属バットを持ってやっているようなもの」(パ・リーグ球団スカウトA氏)

「打つ方は抜けた存在。投げ損じを待って打てるはずだけど、初球から打てる球を積極的に振っていく姿勢がいい。フォアボールになるのが嫌なんでしょう。自分の立場や状況がわかっている証拠だね」(セ・リーグ球団スカウトB氏)

「以前はライナー性の打球が多く、アベレージ型だと思っていましたが、打球に角度がついてきた。メジャーリーガーを参考にして、ベース側で打つ練習をしていると聞くし、意識も高いよね」(パ・リーグ球団スカウトC氏)

「チャンスでフォアボールを選んで『よっしゃ』と言ったり、チームのことを意識できている。周りに声をかけたり、ベンチで声を出したり、キャプテンとしてのリーダーシップが見える」(パ・リーグ球団スカウトD氏)

この記事の続きを読む

1