新設GI・大阪杯。「ぶっつけ参戦」のキタサンブラックに隙はないか

 4月2日は新設GI・大阪杯(阪神・芝2000m)が行なわれる。過去にトウカイテイオー(1992年)、メジロマックイーン(1993年)、メイショウサムソン(2007年)、オルフェーヴル(2013年)など多くの名馬が勝ち馬に名を連ねる伝統のGIIレースが、今年からGIへとグレードアップした。

 このレースは馬場改修がなされた2006年以降、ずっと変わらず阪神の芝2000mで、同時期に行なわれており、レース傾向はGII時代と同様に考えてよさそうだ。

 今回は昨年の年度代表馬で、ここを今季初戦に選んだキタサンブラック(牡5歳、栗東・清水久詞厩舎)に焦点を当てて分析してみよう。

この記事の続きを読む

1