現状はザウバーのちょっと上。開幕戦ではっきりしたF1ホンダの戦闘力

 金曜の朝――。2017年初の公式セッションの開始を前に、マクラーレン・ホンダのピットガレージには全スタッフが集まり、エグゼグティブディレクターのザック・ブラウン、レーシングディレクターのエリック・ブリエ、長谷川祐介F1総責任者という3首脳が中心となって「朝礼」が行なわれた。

「世間ではいろいろと騒がれているが、我々のパートナーはホンダだ。我々はチーム一丸となってがんばっていく」

 ブリエがスタッフたちに向かってそう宣言し、バルセロナ合同テスト直後から続いていた混乱に動揺が広がりつつあったチーム内に改めて団結を求めた。メルボルン入りしてからマクラーレン側とホンダ側との間では幾度にもわたって話し合いが行なわれ、一時は提携解消という不穏な動きさえ見え隠れした両社の関係は修復に向かった。

 最下位争いさえ覚悟して臨んだ開幕戦だったが、フェルナンド・アロンソは予選で13位というポジションにMCL32を運んでみせた。長谷川総責任者は語る。

「マシンパッケージとドライバーの力を出し切れたという意味ではよかったと思います。でも、他チームの何人かの新人ドライバーが苦戦していたこともあってあそこまで行けたということもありますし、クルマのポテンシャルを考えると、よくうまくあそこまで行けたなというのが正直なところです」

この記事の続きを読む

1