チェン、宇野、ハビエル、チャン。強力ライバルが羽生結弦を刺激する

■昨シーズン、世界記録を2度更新するなど圧倒的な強さを見せた羽生結弦。しかし今シーズンは、国内外のライバルが台頭し、熾烈な争いが続いている。

 間もなく開幕する、世界フィギュアアスケート選手権でも熱戦が予想されるが、羽生自身はこの状況に「感謝している」と語る。フジテレビ・内田嶺衣奈アナウンサーも注目する、羽生へのライバルからの刺激とは。

***

 今シーズンの世界選手権は、2018年に開催される平昌五輪の出場枠取りがかかっています。そのため、いつもより重要度が増す大会となります。上位ふたりの順位合計が「13」以内であれば、前回のソチ五輪と同じ「3枠」を確保できるわけですが、男子日本代表の3選手がいつも通りの力を発揮すれば、まず問題はないと思います。

 羽生選手にとっては、2月の四大陸選手権で2位となった悔しさを晴らす舞台にもなります。平昌五輪のプレ大会として行なわれた同大会では、アメリカのネイサン・チェン選手が優勝。羽生選手は、ショートプログラム(SP)3位で迎えたフリーで、全体1位の206.67点を出して追い上げましたが、総合得点でわずかに及びませんでした。

この記事の続きを読む

1