ツッコミどころ満載のタイ戦。チグハグなハリル采配が悩みの種に

 不安を感じた点を挙げればキリがないほど、ツッコミどころ満載の試合だった。

 W杯アジア最終予選、タイ戦。勝利はもちろん、得失点差での"貯金"も作りたかったこの試合で、日本は注文どおりに4−0と大勝した。

 この結果、日本は前節までグループ首位だったサウジアラビアを得失点差で逆転し(勝ち点はともに16)、今回の最終予選では初めて首位に立った。結果だけを見れば、万々歳の試合である。

 だが、肝心の試合内容はというと、望みどおりの結果からは想像もつかないほど、まるで酷いものに終始した。

 とにかく目についたのが、パスミスだ。

 低い位置でモタモタとパスをつなぐばかりで、なかなかボールが前に進まない。しかも、効果的なパスコースを見つけられず、最終的に安全第一で選択したはずの"逃げのパス"でミスを犯す。最悪の形でボールを失うことの連続だった。

 また、ボールを失ったあとも、相手ボールへの寄せが遅れる。あるいは、相手を囲んでいるのにボールを奪い切れない。そんなシーンが続くなかで、タイにパスをつながれ、何度もきれいな形で崩された。時間帯によっては、防戦一方の表現も決して大袈裟ではなかったほどだ。

この記事の続きを読む

1