錦織圭も太鼓判! マイアミ大会ベスト16の尾崎里紗に覚醒の予感

 マイアミで続いていた尾崎里紗の快進撃は、世界女王の前でついに途絶えた。だが、22歳の尾崎にとってベスト16まで進出した経験は、今後の彼女のキャリアにとってかけがえのない貴重なもので、自信にすべき大切なものだ。

 マイアミオープンは、女子ワールドテニスWTAツアーで、1年に4大会しかないプレミア・マンダトリーのグレードで、グランドスラムに次ぐハイレベルな大会だ。その予選を初めて勝ち上がった尾崎(WTAランキング87位、3月20日付け、以下同)は、1回戦でルイーサ・チリコ(63位、アメリカ)を3−6、7−5、6−1で破り、本戦初出場で見事初勝利をつかんだ。尾崎にとっては、プレミア・マンダトリー大会での初勝利ともなった。

「ドローを見て勝つチャンスはあると思っていたので、そのぶん力みというか、勝ちたいという気持ちが強すぎて、今までだったら(ラケットが)振り切れなかったりしました。けど、今日は、わりと振り切れていたし、自分の展開にもっていけたパターンが多かった。こういう大きな大会で、チャンスと思った時にしっかり勝てたのがよかったと思います」

 さらに2回戦で第16シードのキキ・バーテンズ(21位、オランダ)を6−4、4−6、6−1で破るシードダウンをやってのけて勢いに乗ると、3回戦ではジュリア・ゴルゲス(47位、ドイツ)を7−6(5)、6−3で破って、ベスト16進出を決めた。日本女子選手が、マイアミ大会で4回戦に進出するのは、2008年の杉山愛以来の快挙だった。

 ジュニア時代から尾崎に帯同している川原努コーチは、マイアミでの躍進の理由を次のように挙げる。

この記事の続きを読む

1