5歳で完成期のサトノクラウン。「種牡馬の価値」もかけて大阪杯へ

 GI大阪杯(4月2日/阪神・芝2000m)において、有力馬の1頭に挙げられているサトノクラウン(牡5歳)。かつて、デビュー3連勝を飾って3歳春のクラシックへ進んだ逸材は、その後の低迷期を乗り越えて今、再び輝きを取り戻し始めている。

 昨年、サトノクラウンはGII京都記念(2016年2月14日/京都・芝2200m)を快勝。古馬となってから一層の活躍が期待されたが、その後のGI戦では3戦連続で凡走した。GI天皇賞・秋(2016年10月30日/東京・芝2000m)にいたっては、何ら見せ場を作れずに14着と大敗を喫している。

 結果、巷では「GIでは足りない器」といった評判さえ囁かれ始めていた。ところが、その直後のGI香港ヴァーズ(2016年12月11日/香港・芝2400m)で一変。同年のGI凱旋門賞(2016年10月2日/フランス・芝2400m)2着馬であるハイランドリールを退けての金星を収めた。

 世界トップクラスの名馬を下して、ついにGIのタイトルを手にすると、その勢いのまま年明けのGII京都記念(2月12日)で連覇を達成。そこでは、昨年のダービー馬マカヒキを一蹴し、一度は沈みかけていた国内での"評価"も取り戻した。

この記事の続きを読む

1