オフの下半身強化でショット不振に。宮里藍、メジャーで復調なるか

 米ツアー12年目を迎えた宮里藍(31歳)が、今季のメジャー初戦となるANAインスピレーション(3月30日〜4月2日/カリフォルニア州)に臨んでいる。

 前週の起亜クラシック(64位タイ)を終えたあと、宮里は落ち着いた表情でメジャー大会へ向けての抱負をこう語った。

「もちろん『メジャーで勝ちたい』という気持ちはあるけれど、そこばっかり先走ってはダメ。今、取り組んでいること、パッティングを含めてたくさんあるので、それらを丁寧にやれればいいな、と思っています」

 ANAインスピレーションの舞台となるのは、例年と同じくミッションヒルズCC、ダイナショアコース。全長6700ヤード超えと距離が長く、年によっては深いラフが選手の行く手を阻む。硬くアンジュレーションがきついグリーンにも多くの選手が苦戦を強いられる、戦略性の高いコースだ。

 しかも、強風が吹いたときは、さらに難易度が増す。午後になると、砂漠から乾いた強風が吹くことがしばしばあって、世界のトッププロでさえ、思うようなプレーをさせてもらえない。

この記事の続きを読む

1