再開されるJリーグ。今季、福田正博が高く評価する外国人選手は誰か

■福田正博 フォーメーション進化論

 代表戦ウィークを終えて再開されるJリーグ。今季は開幕から外国人選手たちの活躍が目立っている。今シーズンを迎えるにあたって各クラブは補強を活発に行なってきたが、彼ら外国人選手の出来、不出来が各チームの開幕スタートダッシュの成否に反映されていると言ってもいいだろう。

 期待通りの働きをしているのが、鹿島アントラーズのボランチ、レオ・シルバだ。2013年から昨季まで、アルビレックス新潟で攻守の要として発揮した存在感を鹿島でも見せている。

 プレー自体も素晴らしいが、彼の加入によってボランチを小笠原満男、永木亮太とでローテーションできるようになったことが大きい。これは、長いリーグ戦とACLを戦うチームに安定をもたらす。中盤を担う選手たちのコンビネーションが深まっていけば、鹿島の攻守の安定感はさらに増していくだろう。

 そのレオ・シルバ以上に、鹿島で目を見張る活躍をしているのがGKクォン・スンテ。開幕戦のFC東京戦は不運なオウンゴールによって0−1で敗れたものの、安定した守備で勝利に貢献している。第2節の甲府戦では終了間際にPKを止めて今季リーグ戦の初白星を引き寄せ、翌節の横浜FM戦でも相手のカウンターを見事に封じて勝ち点3を積み重ねた。

この記事の続きを読む

1