錦織圭の「満身創痍」問題を考える。キャリア10年目の身体が悲鳴?

 錦織圭は昨年準優勝したマイアミの地から、最終日を待たずして去ることになった。

 マイアミオープン準々決勝で、第2シードの錦織(ATPランキング4位、3月20日付け、以下同)は、ファビオ・フォニーニ(40位、イタリア)に4−6、2−6で敗れて、2年連続の決勝進出は実現せず、マスターズ1000初タイトルはまたもやお預けとなった。アンディ・マリー(1位)とノバク・ジョコビッチ(2位)が不在という好機も活かすことはできなかった。

「ドローを見てもわかるとおり、すごくチャンスではあったので、もったいないとしか言いようがないですね。この大会は感覚もよかったですし、それだけに余計に悔しさというか、やりきれない思いが少しあります。ただ、ケガは100%予防できるわけではないので、しょうがないという気持ちもあります」

 準々決勝を戦う前に心配されていたのは、4回戦でメディカルタイムをとってマッサージを受けた錦織の左ひざだった。しかし、この日の試合直前練習で誰もが、様子がおかしいと感じたのは錦織の右手首だった。ヒッティングパートナーとのラリーでは、1球も全力で打てず約20分で切り上げた。

 それでも、4回戦から合流していたマイケル・チャンコーチはあきらめなかった。中尾公一トレーナーに右手首のテーピングを巻き直しさせて、錦織に球出し練習をさせようとした。結局、球出し練習は2〜3球で錦織が拒絶し、試合ができるかどうか疑問符が付いた。

この記事の続きを読む

1