NBA得点王争いはタイプの違う3人のポイントガード。制するのは誰?

 レギュラーシーズンも各チーム残り10試合を切り、プレーオフのシード順争いが熾烈を極めてきた。同時に選手たちは、個人タイトル争いでも激しいラストスパートを繰り広げている。なかでも、得点王争いの行方は必見だ。

 3月31日現在、得点王争いは平均31.8得点のラッセル・ウェストブルック(オクラホマシティ・サンダー/PG)、平均29.3得点のジェームス・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ/PG)、平均29.2得点のアイザイア・トーマス(ボストン・セルティックス/PG)の3選手の間で繰り広げられている。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

 注目してほしいのは、3選手のポジションがともに「ポイントガード(PG)」だということ。NBAの歴史を振り返っても、得点王を争う全選手がPGということはなかっただろう。1990年代〜2000年代は「PGが得点王に絡むようなチームは勝てない」が常識だった。2000−2001シーズンにアレン・アイバーソンが得点王に輝き、所属するフィラデルフィア・76ersをNBAファイナルに導いているが、このシーズンはエリック・スノウがPGだったためにアイバーソンはSGだった。

この記事の続きを読む

1