五輪出場枠「2」の厳しさが、日本女子フィギュアをより強くする

 世界フィギュアスケート選手権女子。ショートプログラム(SP)を終えて平昌五輪の出場枠3の獲得が極めて厳しい状況になっていた日本勢だが、4月1日のフリーでは、一時は「もしかしたら」と思わせるような、粘りの戦いを見せてくれた。

 その火つけ役となったのが、SPで冒頭からノーミスの演技を続けながら、最後の3回転フリップが2回転になったうえに転倒するという痛恨のミスを犯し、59.59点で15位になっていた三原舞依だった。

「ショートのあとで、気持ちの中では『切り換えてフリーで挽回しよう』と思っていましたが、部屋に帰ってから涙が止まらなくて大変でした。でも憧れの浅田真央選手の、ソチ五輪フリーでの挽回の演技を思い出して、気持ちを切り換えることができたし、6分間練習の時から客席の上の方までお客さんが入っていてくれているのを見て、その視線をひとりで受けられる幸せを感じた。この大舞台に立たせていただけるチャンスをしっかり自分のものにして、ショートの挽回をしようという気持ちでフリーに臨めました」

 こう語る三原は、持ち味でもある力みのない柔らかなジャンプを次々に決めるなど、落ち着いた演技を続けた。そして「スパイラルシークエンスのあたりから涙がこみ上げてきたけど、ここで終わりじゃないと気持ちを切り換えて、ループやサルコウも最後のスピンも回れた」と、ノーミスで演技を終え、自己最高の138.29点を獲得。合計を197.88点とした。

この記事の続きを読む

1