平昌パラリンピック開幕まで1年。日本のメダル候補はこんなにいる!

 平昌パラリンピックの開幕(2018年3月9日〜18日)まで、あと1年を切った。3月には平昌や江陵(カンヌン)で本番会場を使ったアルペンスキーやノルディックスキーのワールドカップ(W杯)、車いすカーリングの世界選手権など、テストイベントが相次いで行なわれ、大会成功に向けて準備が進みつつある。

 そのプレ大会では、多くの日本人選手が表彰台に立ち、パラリンピック本番でも活躍が期待される選手が見えてきた。

 まずはベテラン勢から。アルペンスキーでは、森井大輝(36歳・トヨタ自動車)が2016−2017シーズンのW杯男子座位で個人総合優勝を果たした。栄光の証・クリスタルトロフィーを手にするのは、2年連続3度目となる快挙だ。シーズン前半のW杯の回転で2大会連続の表彰台。世界選手権のスーパーコンビでも2位に入った。続くW杯白馬大会のスーパー大回転で今季初優勝を飾ると、最終戦の平昌大会では滑降と大回転を制するなど、過酷な長いシーズンにおいて5種目すべてで安定した結果を残した。

 今季は雪不足や暴風などの影響を受けて、海外合宿でも十分なトレーニングができていなかったという。海外の10代、20代前半の新鋭たちの急成長も目立ったが、本人に焦りはない。シーズン終盤の白馬でようやく頂点に立った際も、「これから勝ち癖をつけていければ」と話していた。そして、その直後に本番会場で有言実行の2勝をマーク。ライバルたちに王者の貫禄を見せつけた。

この記事の続きを読む

1