マスターズに挑む松山英樹、谷原秀人、池田勇太。日本勢3人の可能性

WEEKLY TOUR REPORT
■7米ツアー・トピックス

 今季(2016−2017シーズン)メジャー初戦のマスターズ(4月6日〜9日/ジョージア州)には、松山英樹(25歳)、池田勇太(31歳)、そして先の世界選手権シリーズ(WGC)デルテクノロジー・マッチプレー(3月22日〜26日/テキサス州)で4位に入った谷原秀人(38歳)と、日本勢は3選手が出場することになった。

 マスターズに複数の日本人選手が出場するのは久しぶり。ここ3年は松山が孤軍奮闘してきただけに、今年はなんとも楽しみな1週間になりそうだ。

 なかでも、最も期待がかかるのは、松山だ。

 今季は、昨年10月のWGC HSBC選手権、2月のウェイストマネジメント・フェニックスオープンと、すでにツアー2勝。12月には非公式の大会ながらも、タイガー・ウッズが主催するヒーロー・ワールドチャレンジも制して、シーズン序盤は「最もホットな選手」として注目を集め、実績も十分だからだ。

 ただ、そんな松山もここに来て調子を落としている。2月のジェネシスオープンで今季初の予選落ちを喫し、その後はWGC メキシコ選手権で25位、アーノルド・パーマー招待でも45位に甘んじている。さらに、谷原が奮闘したWGC マッチプレーでは予選敗退に終わって、「(マスターズに向けて)どうにか立て直さないといけない」と、松山の表情も険しかった。

この記事の続きを読む

1