須田、タナケン、三上、康晃...DeNAブルペン魂を木塚コーチが語る

 昨年、球団初のCSに進んだ横浜DeNAベイスターズ。その躍進は投手陣、特に田中健二朗、須田幸太、三上朋也、山崎康晃のいわゆる"四天王"と呼ばれるリリーバーの存在を抜きに語れない。今季、更なる高みの優勝を狙うには、ラミレス監督が「4人に続くブルペンの強化が必要」と言うように、近代野球の絶対条件である救援投手の充実が必須。そこで、今季もブルペンを預かるベイスターズ投手陣の魂の継承者、木塚敦志一軍投手コーチに話を聞いた。
──今シーズンはブルペンがカギになると言われていますが、手応えはいかがでしょうか。

木塚 去年は田中、須田、三上、山崎康晃の4人を中心に回していましたが、連勝したり、落とせない試合が続いたりすると、どうしても起用する投手に偏りが出てきてしまう。だから、あの4人をカバーできる投手を必ず作ろうと思ってやってきたんですが......なかなか彼らに追いつき、追い越すまでには至りませんでした。

 昨季は、一時は田中がパンク寸前のところまで行き、奥歯を噛みしめながらワンアウトを取りにいっていたし、最後の最後に須田が離脱して、シーズン終盤からCSまでの最終決戦を3人でやりくりする苦しい状況もありました。奥の手として砂田毅樹に中継ぎに回ってもらい、いい仕事をしてくれましたけど......ただ、今年は後ろの4人の負担をどうやって軽減させるかがテーマでしたから、ここにもうひとつスペンサー・パットンという矢にめどが立ったことで、心理的にも心強さが違ってくるとは思います。

この記事の続きを読む

1