いよいよ桜花賞。クラシック戴冠を占う最新版「3歳牝馬ランキング」

2017年3歳クラシック
■Sportivaオリジナル番付(牝馬編:第4弾)

 春のGIシーズンがついに幕を開けた。4月9日には、3歳牝馬クラシックの第1弾となるGI桜花賞(阪神・芝1600m)が開催される。

 この本番を前にして、3月には関東、関西それぞれで前哨戦が行なわれた。最も注目されたGIIIチューリップ賞(3月4日/阪神・芝1600m)は、2歳女王のソウルスターリング(父フランケル)が、昨年末のGI阪神ジュベナイルフィリーズ(2016年12月11日/阪神・芝1600m)に続いて、危なげない競馬で完勝。年明け初戦をあっさり制して、同世代の中で一歩抜け出した印象を与えた。

 また、その翌週に行なわれたGIIフィリーズレビュー(3月12日/阪神・芝1400m)では、カラクレナイ(父ローエングリン)が3連勝で重賞初制覇。その前日に中山競馬場で行なわれたアネモネS(芝1600m)は、ライジングリーズン(父ブラックタイド)が強烈なまくりを見せて、GIIIフェアリーS(1月8日/中山・芝1600m)に続く連勝を飾った。

 そしてその後、強烈なインパクトを与えたのが、GIIIフラワーC(3月20日/中山・芝1800m)で5馬身差の圧勝劇を演じたファンディーナ(父ディープインパクト)。桜花賞はパスして、皐月賞(4月16日/中山・芝2000m)に向かう意向が発表されたが、ソウルスターリング一色だった牝馬戦線に"新風"を吹き込んだ。

1 2 次へ