安藤勝己はもう決めた。桜花賞、オークスが見える「3歳牝馬番付」

春のGIシリーズが開幕し、いよいよ今週は3歳牝馬クラシックの第1弾、桜花賞(4月9日/阪神・芝1600m)が開催される。今年は「超ハイレベル」と言われる3歳牝馬戦線。どんな戦いが繰り広げられるのか、多くの競馬ファンがその行方に注目している。そんな大一番を前にして、今年も再び元ジョッキーの安藤勝己氏を直撃。クラシックに挑む馬たちの実力を分析・診断してもらい、独自の「3歳牝馬番付」を選定してもらった――。

 今年の3歳牝馬は、世間でも言われているとおり、本当にレベルが高い。なかでも、ソウルスターリングとファンディーナ。この2頭は相当な器だと思うよ。

 ファンディーナは皐月賞(4月16日/中山・芝2000m)に向かうみたいだけど、牡馬相手でもきっといい勝負をするんじゃないかな。個人的には、桜花賞でこの2頭の対決を見たかったな、という思いはあるけどね。

 これらに続くのは、アドマイヤミヤビだろう。前々走の百日草特別(2016年11月6日/東京・芝2000m)では、弥生賞を勝った牡馬のカデナ(牡3歳)を負かしていて、この馬も"オトコ勝り"。ファンディーナ同様、牡馬路線に行っても、上位争いできるんじゃないかな。もちろん、桜花賞やオークス(5月21日/東京・芝2400m)でも戴冠のチャンスはあると思う。

この記事の続きを読む

1