木村沙織が涙で振り返った、激動のバレーボール人生と今後のビジョン

【木村沙織・涙の引退報告 前編】

 2012年のロンドン五輪にエースとして出場し、28年ぶりに日本にメダルをもたらした木村沙織が、3月25日に行なわれたVリーグオールスター戦で最後のユニフォーム姿を披露した。

 次世代のエース・古賀紗理那とのスパイクの打ち合いなど見せ場を作り、試合後にはチームメイトである妹の美里から花束を受け取って、人生2度目となる胴上げで宙を舞った。会場となった埼玉県深谷市のビッグタートルに詰めかけたファンへの挨拶では、すぐに言葉が出てこずに「えっと、えっと......。すみません、やり直してもいいですか?」と、サオリンらしさは最後まで全開だった。

 オールスター戦に先立って行なわれた引退報告会では、「一番思い出深い試合は?」と聞かれ、ロンドン五輪準々決勝の中国戦を挙げた。

「(思い出深い試合は)ありすぎるんですけど、どれかひとつだけと言われたらこの試合です。(当時監督だった)眞鍋さんが『絶対に準々決勝は中国と当たる』とずっと中国を研究していましたし、その1戦にかけてみんな集中して練習してきました。その通りに中国と当たって試合はフルセットまでもつれたんですが、全セットでほとんど点差が開かなくて、総得点でも2点しか上回ってないんです。長くバレーをしてきて、あんなに1点の重みを感じたことはありませんでした」

 銅メダルを確定させたのは3位決定戦の韓国との試合だったが、木村は「韓国戦ではなく、やっぱり中国戦。あの試合がなかったら、メダルにつながらなかったと思います」と振り返った。

この記事の続きを読む

1