岡崎慎司、50得点は通過点。2022年カタールW杯出場も視野に

 日本代表戦からレスター・シティに戻ってきた岡崎慎司が、4月1日に行なわれたストーク・シティ戦で公式戦5試合連続となる先発出場を果たした。クラウディオ・ラニエリ前監督の時代なら「代表戦と長距離移動の疲労」を理由にベンチに回ることが多かったが、クレイグ・シェイクスピア監督の厚い信頼が、この試合でも改めて証明された。

 その期待に応えるように、岡崎もキックオフから精力的に走り回った。2トップの一角に入ると、中盤でボールを受けて前を向いたり、ピッチを幅広く動いてパスコースを作ったりと、エネルギッシュなプレーでチームを活性化。2−0の勝利に大きく貢献した。試合後の本人も「割と動けた。だいぶ(ボールが足もとで)収まって、自分が起点になれた。チームを助けることができた」と手応えを口にしていた。

 実際、ステップは軽やかで、後ろを向いた状態から前へ向くターンもスムーズ。地元紙『レスター・マーキュリー』紙のロブ・ターナー記者が「ボールタッチが極めてよかった」と褒めていたように、調子もコンディションも見るからに良好だった。レスターは公式戦5連勝を飾り、岡崎も連勝街道を突っ走るチームの大きな力になっている。

 興味深いのは、岡崎の"直近2試合"の役割が大きく異なることである。日本代表での仕事とレスターのそれが、まったくと言っていいほど違っていたのだ。そして、このタイプの異なる仕事を完遂してみせた。

この記事の続きを読む

1