ルメールが語るソウルスターリング。「ライバル? ミヤビはこわい」

3歳牝馬クラシックの第1弾、桜花賞(阪神・芝1600m)が4月9日に行なわれる。断然の人気が予想されるのは、デビューから無傷の4連勝を飾っているソウルスターリング(牝3歳)。昨年末のGI阪神ジュベナイルフィリーズ(2016年12月11日/阪神・芝1600m)を制して2歳女王に輝いた同馬が、クラシック本番でも再び頂点に立つのか注目されている。そこで本番直前、主戦を務めるクリストフ・ルメール騎手を直撃し、その手応えを聞いた――。

――まもなく開幕する3歳クラシック。ルメール騎手のお手馬には、今年も牝馬、牡馬ともに楽しみな馬がそろいましたね。牝馬は、ソウルスターリング。ここまで4戦4勝、デビュー戦(クビ差の勝利)以外は危なげないレースで勝利を飾っています。前走のトライアル、チューリップ賞(3月4日/阪神・芝1600m)も強い競馬でした。

「(チューリップ賞では)馬がとてもリラックスしていました。レースのペースもちょうどよかったですし、直線の瞬発力もよかった。完璧、でしたね」

――ソウルスターリングは、父が14戦無敗の「怪物」フランケル。母も欧米でGI6勝を挙げているスタセリタと超良血。とりわけ母スタセリタは、ルメール騎手がフランス騎手時代に騎乗してGIを3勝しています。不思議な縁がありますね。

「スタセリタは、僕にとってフランスオークス(ディアヌ賞)を勝った"スペシャルホース"です。だから、その娘に日本で乗ることになったときは、すごく感動しましたね」

この記事の続きを読む

1