稀勢の里と貴乃花。2人の奇跡に通じる「ファンへの想いと土俵の鬼」

 大相撲春場所で劇的な逆転優勝を飾った横綱・稀勢の里(30歳・田子ノ浦部屋)。左腕を負傷し休場の危機にさらされながら、千秋楽で1敗の大関・照ノ富士を本割、そして優勝決定戦で立て続けに下し、2場所連続で賜杯をつかんだ。「強行出場」とも言われた最後の2日間、新横綱を土俵へ向かわせたものはなんだったのか──。

 先場所に初優勝と横綱昇進を決め、大きな期待をかけられた3月。稀勢の里は順調に白星を重ね、初日からの12連勝で単独トップをひた走っていた。最大のライバルである横綱・白鵬が途中休場し、1995年初場所の貴乃花以来となる、22年ぶりの新横綱優勝は目前かと思われていた。

 落とし穴が待っていたのは、日馬富士との横綱対決となった13日目。立ち合いで日馬富士にもろ差しを許し、一方的に寄り倒された。土俵下に左肩から落ちた新横綱は、立ち上がることができず左腕を押さえながら西方審判の片男波親方(元関脇・玉春日)にもたれ、苦悶の表情を浮かべた。

 土俵でケガをしても絶対に顔に出さなかった稀勢の里が初めて見せる姿に、館内は静まり返った。西の支度部屋では医師が緊急措置を施し、三角巾で左腕を吊った。その後、救急車を呼び大阪市内の病院へ緊急搬送され、翌14日目からの休場は避けられないかと思われた。

この記事の続きを読む

1