マキロイ、デイ、松山が語る、タイガー・ウッズのマスターズ初優勝

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス
 タイガー・ウッズ(41歳/アメリカ)が、今季メジャー初戦となるマスターズ(4月6日〜9日/ジョージア州)を欠場した。

 これで、オーガスタ・ナショナルGCは2年連続でウッズ不在の"春の祭典"を迎えることになった。どれだけ優勝争いの大歓声がコース内に響いても、そこには何か足りないものがある――そんな気分になるのは、何もウッズファンに限ったことではないだろう。

 ウッズがゴルフ界に登場してから、私たちはウッズの見せてくれる神がかり的なプレーにずっと興奮し続けてきた。しかも、オーガスタで見せるその姿は一段と輝いていた。その感動と興奮がまだまだ続くと、ずっと信じてきたからだろう。

 ウッズがマスターズで初めて優勝したのは、今からちょうど20年前の1997年のこと。思えば、あのマスターズ以降、ゴルフ界は大きく変わった。

 ウッズの勝利によって、それまで"オジさん"や"お金持ち"の道楽といったゴルフのイメージが一掃された。子どもたちも憧れる、格好いいスポーツへと変貌を遂げた。

 そのマスターズのおよそ8カ月前、ウッズはオレゴン州ポートランドで開催された全米アマチュア選手権(1996年8月)で大会3連覇という快挙を達成すると、世界中が注目する中、プロ転向を発表。9月のミルウォーキーオープンでプロデビューを飾った。

この記事の続きを読む

1