朝日健太郎がエール。「越川、ゴッツは ビーチで五輪メダルを狙える」

 先月、V・プレミアリーグが終了し、男女とも全日本のメンバーが発表となった。中垣内祐一と中田久美、80、90年代のバレー人気をけん引した2人が代表監督に就任したこともあり、東京五輪に向けて、注目は高まっていくだろう。

 もうひとつ、バレーファンの間で話題となったのが、インドアバレー代表経験者であり、人気選手である越川優とゴッツこと石島雄介が今季をもってビーチバレーへの転向というニュースである。こちらも目標となるのは2020年東京五輪。そして、メダル獲得であるという。

 ビーチバレーに関していえば、日本は男女ともリオ五輪に出場していない。そのような状況下で、目標達成は本当に可能なのか? 越川らと同じようにインドアバレー代表からビーチバレーに転向し、2度の五輪出場を経験した参議院議員・朝日健太郎氏のもとを訪ね、ビーチバレーの魅力や特性を挙げてもらいつつ、2人の五輪出場の可能性について、聞いてみた。

――越川選手・石島選手のビーチ転向のニュースを聞いて、最初どのように思われましたか?

朝日健太郎氏:以下朝日 一番適任な選手たちが転向してきてくれたなという印象です。数年前に遡ると、僕はJVA(日本バレーボール協会)のビーチバレーボール事業部にいました。インドア選手の転入促進プロジェクトというのがありまして、やはり石島選手、越川選手というのは候補者の上位に来る人材でした。ですから、リオ五輪が終わった区切りで、自発的に決断してくれたのはとてもよかったなと思います。

この記事の続きを読む

1