牝馬ファンディーナに勝てるか。メンツのかかる「3歳牡馬ランキング」

2017年3歳クラシック
◆Sportivaオリジナル番付(牡馬編:第4弾)
 牡馬クラシック第1弾の皐月賞(中山・芝2000m)が4月16日に開催される。

 その前哨戦となる、GIIスプリングS(3月19日/中山・芝1800m)、オープン特別の若葉S(3月18日/阪神・芝2000m)、GIII毎日杯(3月25日/阪神・芝1800m)の3レースでは、スプリングSに臨んだ2歳王者のサトノアレス(牡3歳/父ディープインパクト)をはじめ、1番人気の馬がことごとく敗戦。牡馬クラシック戦線はますます混迷の色を深め、やや物足りないムードに包まれつつあった。

 そこへ、強烈な"スパイス"が投入された。デビュー3連勝でGIIIフラワーC(3月20日/中山・芝1800m)を圧勝したファンディーナ(牝3歳/父ディープインパクト)の皐月賞参戦表明である。これで、ハイレベルな牝馬クラシック同様、皐月賞への注目度も一気に高まった。

 これらの結果を受けて、皐月賞を目前に控えた3歳牡馬の『Sportivaオリジナル番付(※)』を発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独自なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、今春のクラシックを目指す3歳牡馬の、現時点における実力・能力を分析しランク付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。

この記事の続きを読む

1