名将エチャリ先生がつけたUAE&タイ戦、日本代表14選手の通信簿

「選手はピッチで"考える人"でなければならず、しかも迅速に適切な決断を下せなければならない」

 そう語るミケル・エチャリは現在69歳、バスク代表監督を務める。世界最高峰リーガエスパニョーラの名門、レアル・ソシエダで強化部長、育成部長、戦略スカウト、Bチーム監督などを歴任。ファンマ・リージョ(セビージャ)など監督養成学校で多くの指導者も育ててきた。今も指導者として世界中を回り、日本でもJリーグや日本サッカー協会で講習を行なっている。

"スペインの慧眼(けいがん)"と呼ばれる男の目に、W杯アジア最終予選のUAE戦、タイ戦の日本代表選手たちはどう映ったのか? 2009年から日本代表を定点観測してきたエチャリに、一定の時間以上ピッチに立った計14人の選手評を語ってもらった。
GK
川島永嗣(UAE戦、タイ戦ともにフル出場)

UAE戦は落ち着き払っており、俊敏だった。前半20分の決定機は非常に集中しており、すばらしいセービングを見せている。この1対1を制したことが勝利につながったと言っても過言ではない。タイ戦も集中力の高いプレーを見せた。相手のシュート精度は低かったが、PKストップを含めゼロに抑えたことは評価できる。

この記事の続きを読む

1