首位ヴィッセル神戸の強さはホンモノか、それとも相手が下位だからか

 長丁場のリーグ戦では、どんなチームにも大なり、小なり、好不調の波はやってくる。ある一時期に調子がいいからと言って、それが続く保証はなく、最終結果を約束してくれるわけでもない。

 とはいえ、やはりスタートダッシュは大切だ。少なからず手探りの部分があるシーズン序盤、早々に結果が出ることで余裕が生まれ、さまざまな物事が好循環で回り出す。スタートダッシュは優勝、あるいは上位進出のための絶対条件ではないにしても、重要な要素であると言っても差し支えないだろう。

 今季J1において、どこよりも鮮やかなロケットスタートを決めたのは、ヴィッセル神戸である。

 神戸は開幕戦で清水エスパルスに1−0で際どく競り勝つと、そこから一気に4連勝。第5節では浦和レッズに1−3で敗れたものの、続く第6節では気持ちを切り替え、大宮アルディージャを2−0で退けた。

 第6節終了現在、神戸は5勝1敗の勝ち点15で堂々の首位に立っている。

 振り返れば昨季後半、この予兆はすでに見え始めていた。2ステージ制だった昨季、神戸はセカンドステージで2位に躍進。年間順位では7位にとどまったが、いわば今季注目の"上がり馬"と言うべき存在だったのだ。

 神戸は今季、かつてヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)、柏レイソルを優勝に導いた名将、ネルシーニョ監督が率いて3年目を迎えた。堅守をベースに、必要以上に手数をかけない効率のいい攻撃を繰り出すサッカーが、十分に浸透してきている。

この記事の続きを読む

1