トップクラブのスカウト陣が舌なめずり。CL8強で注目の若手3選手

 欧州チャンピオンズリーグ(CL)もいよいよ8強を残すのみとなった。クラブレベルでは欧州、いや、世界最高の大会で、今季も多くの若者たちが躍動している。

 今週に行なわれるベスト8の第1戦を前に、現在最も注目すべき21歳以下の選手をピックアップしてみた。すでに驚愕のプレーを披露している3人の名前を覚えておこう。
MFキリアン・ムバッペ(18歳)
モナコ/フランス代表

 現在のフットボール界で最もホットなティーン。カメルーン出身のサッカー指導者である父と、アルジェリア人の元ハンドボール選手の母との間にパリ郊外で生を受けたアタッカーは、父が指揮するクラブでボールを蹴り始め、クレールフォンテーヌ(フランス国立のユースアカデミー)でも育成されたエリートだ。その後、モナコに所属すると、2015年12月に16歳347日でシニアデビューを果たし、21年前にティエリ・アンリが樹立したクラブ最年少出場記録を更新した。

 以降、ここまでの約1年5ヵ月間に、「飛ぶ鳥を落とす」という表現では足りないほどの勢いで急成長を見せている。昨年2月にトロワとのリーグ戦でファーストチームでの初ゴールを挙げ、またしてもアンリのクラブ最年少記録を破ると、今季は開幕から先発に名を連ねた。

この記事の続きを読む

1