19年W杯、20年東京五輪へ。新生なでしこのベースはできあがった

 熊本地震復興支援マッチとして行なわれたキリンチャレンジカップで、コスタリカと対戦したなでしこジャパン。高倉麻子監督が就任して1年、初の国内での国際試合で3−0の完封勝利をおさめた。

 先月のアルガルベカップから6名を入れ替え、招集した22名(京川舞がケガにより途中離脱)からスタメンを勝ち取ったのは、GK池田咲紀子(浦和レッズL)、DF高木ひかり(ノジマステラ)、熊谷紗季(リヨン)、市瀬菜々(ベガルタ仙台L)、宇津木瑠美(シアトル)、MF中島依美(INAC)、阪口夢穂、中里優、長谷川唯(いずれも日テレ・ベレーザ)、2トップは横山久美(AC長野)、田中美南(日テレ・ベレーザ)という面々。

 アルガルベカップからの変化はキックオフ直後から現れた。中里からのパスを受けた中島がいきなりバイタルエリアで仕掛け、さらに中島が中へ切り込むことで生まれるサイド奥のスペースに、右サイドバックの高木が駆け上がる。アルガルベカップでは迷いが生じ、自信を失いかけていた中島が新たな切り口を見出そうとしていた。高木も同じく、何とか攻撃に絡もうとサイドバックのポジション取りを、ゲーム中も熊谷と常に話し合って模索する。

この記事の続きを読む

1