ホンダと腹を割って話したアロンソ。だが「鬼の走り」はまたも実らず

 第2戦・中国GPの予選後、フェルナンド・アロンソとストフェル・バンドーンのふたりはホンダのホスピタリティユニットを訪れ、ホンダの長谷川祐介F1総責任者と約30分にわたる話し合いを行なった。

 ここに至るまでにさまざまな噂がささやかれ、ドライバー自身もことあるごとにホンダのパワー不足を批判する言葉を口にしているだけに、深刻な事態のようにも見えた。だが、実はそうではなかった。

「いや、内容は深刻ですよ。でも、これは毎レース週末にやっていることですし、今年も開幕前テストから数えればすでに何度もやっています。今日は我々のほうから話をしようということで集まりました」(長谷川総責任者)

 ホンダとしては、現状に甘んじているつもりはないこと、しかしその改善には少なからず時間がかかること、そしてその見通しなど、エンジニア同士だけでなくドライバーたちにも腹を割ってきちんと状況を説明し、理解してもらうためだ。

「今の状況はこうで、我々はこういうふうに考えているよ、ということを説明しました。逆に今の状況では、たとえば今日みたいにエンジンがかからなかったりすると、またエンジンのせいだとドライバーはすぐ思ってしまうわけです。ですから、このようにちゃんとコミュニケーションを取って説明し、信頼関係を構築しておくことが重要だと思っています」

この記事の続きを読む

1